MENU
おすすめのランキング

Luxeritas(ルクセリタス)のメリット・デメリットまとめ!JavaScriptを組み込みも可能

無料のWordPressテーマはいくつか存在していますが、その中でもオススメできるテーマの一つにルクセリタスがあります。

今まで有料無料を含めいくつかテーマを触ってきましたが、毎回最終的にルクセリタスに落ち着くくらい素晴らしいテーマと言えます。

具体的にどのような点が素晴らしいのか、3年ほど使用しての感想を踏まえて紹介してます。

Luxeritas(ルクセリタス)ってどんなWordPressテーマ?

そもそもLuxeritas(ルクセリタス)について聞いたことがないかもしれないので、ザックリとテーマの概要について紹介します。

ルクセリタスはエンジニアの「るなさん」が開発したワードプレステーマで、初期のバージョンがリリースされてから5年程が経過しています。

5年経過した今でも最新バージョンがリリースされ続けていることから、それだけ人気や需要があるということが見て取れますね。

爆速テーマ

ルクセリタスの大きな特徴の一つとしてはサイトの表示速度がめちゃくちゃ早いという点です。

ルクセリタスの名前の由来はラテン語のLux(光)+Celeritas(速)から来ており、その名にふさわしい速度をたたき出しています。

有料テーマでもこの速さに匹敵するテーマは皆無と言えるほどで、他の追随を許しません。

後述しますがSEOにおいてサイトの表示速度は大きな指標の1つなので、その恩恵を十分に生かしていきたいですね!

開発者にも嬉しい機能が充実!

WordPress自体、ブログを運用するためのプラットフォームなので、JavaScriptやphpを組み込むのには向いません。

どうしても組み込みたい場合は別途プラグインを導入したり、最悪HTMLからゴリゴリ書いていく、と言った手段を強制されることもあります。

しかしルクセリタスでは、デフォルトで各ページのヘッダ部とフッタ部にスクリプトを埋め込むことが出来るので、JavaScript等との相性も非常に良いです。

ただただ記事を書くだけでなく、準アプリ化させたい場合などには非常に相性の良いテーマと言えます。

ほぼ無料で利用できる

表示速度の点でも、開発性に富んでいる点でも有料顔負けのテーマですが、それだけ揃っていてほぼ無料で使用できるといった点は嬉しい限りですね。

ここで「ほぼ無料」と書いている理由は、提供元の「WordPress Luxeritas Theme is provided by “Thought is free”.」を消したい場合にだけ5,000円ほどかかってしまうからです。

あまり重要なポイントではないので消す方は少ないと思うのですが、細部にまで拘る関係上消したい!と言う場合はこの費用がかかる点に注意してください。

Luxeritas(ルクセリタス)のメリット

概要について紹介しましたが、改めてルクセリタスの強みについて触れていこうと思います。

以下の5つのポイントが利用していて特に良いと感じたポイントでした。

SEOに強い

まずはSEOに関して強い点が大きな強みです。

具体的には…

  • 高速テーマ
  • Googleが推奨するAMPやPWAに標準で対応
  • html5の仕様に準じた適切な文法を用いている
  • 重要なページ以外(月別アーカイブ等)はデフォルトでインデックスさせない

などがあげられます。

せっかく文章を書いても上位に表示されなければ意味がないので、技術的な面でSEOをカバーしてくれるのは嬉しい限りです。

もちろん、キーワードの選定やライティングのコツなどは別途学ぶ必要がありますが…

カスタマイズ性が高い

ルクセリタスはカスタマイズ性に非常に富んでおり、デザインから表示方法、細部の見た目まで拘ることが出来ます。

その分CSS等の知識は必要になりますが、オリジナリティを求めやすいという点では大きな強みです。

デザインも綺麗

ルクセリタスのデザインは非常にシンプルで見やすく綺麗です。

さらに7種類から選べるので、ブログをより自分の好みに変身させられます。

CSSが詳しくなくてデザインをほとんどいじれない方でも、ボタンをポチポチするだけである程度ちゃんとしたブログが作れます。

読者にとって読みやすいサイトを作る、その為にはシンプルを目指すなど、ユーザー第一のサイトを作る上で適しているテーマと言えます。

プラグインがいらない

ほとんどの無料テーマは機能が充実していないためプラグインを入れる必要があります。

プラグインは便利になる一方で重くなったり不具合が発生したり、はたまた競合するなど管理が大変でサイト運営の足を引っ張ることもあります。

実際に以下の3つにもかかわらず、いろいろなキーワードで上位表示できています。

ルクセリタスの場合、最初から吹き出し機能だったりSNS機能だったりと言った有名プラグインでできる事は標準装備されているので、導入するプラグインの量が減り管理の手間が省けます。

サポートも充実

不具合が出たり技術的な面でわからないことがある場合は作成者のるなさんに問い合わせることで丁寧に答えてくれます。

もちろん商用利用に関することや不正利用に関することについてはNGですが、無料テーマでここまでサポートが充実しているテーマは他にないので安心して利用できますね!

Luxeritas(ルクセリタス)のデメリット

ルクセリタスのメリットについて紹介しましたが、デメリットもありますので紹介します。

機能が多すぎるため初心者には向かない

ルクセリタスは設定事項が多く、とくに技術的な知識だったりSEO的な知識だったりをそこそこ要求されます。

そのため、ある程度知識がある方にとってはカスタマイズ性が広く自由と感じることが出来ますが、全くの初心者の場合だと何を最初に設定してよいかわからず混乱してしまう可能性もあります。

とくにボタン1つで簡単に装飾できる、などと言ったはやりの機能はそこまで充実しているわけではないので、ある程度CSSやHTMLの知識があったり、過去にサイトを立ち上げた経験がある方の方が向いているテーマと言えます。

推奨されないプラグインが多い

ルクセリタスの機能上、すでに搭載されている内容と被るようなプラグインを入れると重くなってしまったり競合して思わぬ動作をしてしまい、せっかくの速度やSEOにおける強みが消失してしまうことがあります。

とくにAll in One SEO Pack等有名どころのプラグインを利用できなくなるため、普段そのプラグインを使い慣れている方からすると不便に感じるかもしれません。

推奨されるプラグインとそうでないプラグインは以下のページで紹介されています。

ルクセリタスを用いたサイト例

実際にルクセリタスを用いて運用しているサイトをいくつかご紹介します。

こんなサイトが出来るんだ~と言った指標にしていただければと思います。

綾糸.net

綾糸.net様はルクセリタスのカスタマイズ方法などを詳しく解説されており、分からないことがあったらまずはこのサイトで調べてみると大抵解決します。

ルクセリタスでこんなことが出来るんだ~!と非常に参考になるサイトなので、是非参考にしてみてください。

ますげーまー

ガジェット系サイトもルクセリタスと相性が良く、表示が早い、見栄えがスッキリしているといった点からオススメできます。

知人が趣味で運営しているサイトでもルクセリタスを使用してるみたいですが、以前用いていたテーマからルクセリタスに変えたところユーザの回遊率や滞在時間が大幅に向上した、とのことでした。

しかくのいろは

こちらも知人のサイトです。

学習用のページについてはユーザ毎に学習の進捗管理機能を付けており、その際JavaScriptを用いていますが、先述の通りテーマとの相性も良く不具合なく動いてくれているのでありがたい、とのことでした。

ルクセリタスのDLはこちら!

ルクセリタスについて、DLしたい!と言う方は是非以下のページからDLして利用してみてください。

ダウンロード方法や使い方は、公式サイトで詳しく解説されています。

ルクセリタスまとめ

今回は無料テーマ・ルクセリタスについての紹介しました。

正直言ってしまって有料テーマでもこのテーマに勝てるものは片手で数えられるかどうか、と思うほどよくできたテーマだと思っています。

いきなり有料テーマにチャレンジするのは嫌だ、と思う方や、デザインや機能をこだわりたい!と言う方はルクセリタスを使ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

2017年7月ブログ開始→ブログ書きまくる→2年で月100万円突破。現在は5サイト運営しています。

当サイトやTwitterでは「特化ブログで月30万円を目指す」をテーマに情報発信しています。