MENU
おすすめのランキング

セントレジスホテル大阪の宿泊ブログ・子供連れ宿泊レポート

かな
ゴールデンウィークにセントレジスホテル大阪へ子供と一緒に宿泊してきました!
今回はSPGアメックスカードで貯めたポイントを使い宿泊費用は無料でした!
目次(クリックで該当箇所へ)

セントレジスホテル大阪・基本情報

セントレジスホテル大阪のホテル外観

大阪市の中心部である本町という一等地にあり、マリオット系列のラグジュアリーホテルであるセントレジスホテル大阪。

御堂筋沿いに建ち周辺はオフィス街で週末は落ち着いた雰囲気の場所です。

ホテル名 セントレジスホテル大阪
住所 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町3丁目6-12
TEL 06-6258-3333
公式サイト https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/osaxr-the-st-regis-osaka/
駐車場 あり(3,500円/泊)
チェックイン・アウト 15:00 / 12:00

※12歳以下の小学生は添い寝の場合、宿泊料金は必要ありません。12歳以下のお子様用エキストラベッド利用時は15,280円/台(サ・税込み)

アクセス

大阪を代表する繁華街のミナミ(難波)・梅田(大阪)の間に位置し、大阪市内だけでなくユニバーサルスタジオジャパンや京都へのアクセスもしやすい立地です。

複合施設「本町ガーデンシティ」の上層階がホテルのため、地上階はホテルエントランスと駐車場のみです。

大阪市営地下鉄御堂筋線 本町駅 7番出口直結。

駐車場

「バレーパーキング式」なので、ホテルエントランスでスタッフに車を預けるだけであとはスタッフの方が駐車をしてくれます。

駐車場:3,500円/泊

エントランス&ロビー

セントレジスホテル大阪のオブジェ

複合施設「本町ガーデンシティ」上層階がホテルとしているため、地上階はホテルエントランス・駐車場・レストラン1軒のみです。

ガラス扉を抜けると和モダンな落ち着いた雰囲気です。

すぐにコンシェルジュの方が声をかけくれ、名前を伝え1階のロビーで荷物を預けます。(のちにお部屋へ持ってきてくれます)

レセプションがある12階へエレベーターで移動し到着すると大きく開放感のあるロビーで、陳列されている調度品などはまるで美術館にいるような高級感があります。

セントレジスホテル大阪のレセプション

チェックインは2つのカウンターがあり座って行われます。

お部屋へ上がるエレベーターホールまでのロビーフロアは、明るくとても重厚感ある雰囲気です。

セントレジスホテル大阪のロビーフロア セントレジスホテル大阪のロビーフロア2

窓の外は枯山水の石庭があり、お天気の良い場合は都会のオアシスを感じることができます。

客室カテゴリー

セントレジスホテル大阪は、スイートルームを含め12種類の客室カテゴリーがあります。

今回はSPGアメックスカードで貯めた50,000ポイントを使って「グランドデラックス1キングスカイラインビュー」を予約しました。

かなはマリオットボンヴォイプラチナステータス会員のため、スイートナイトアワードというスイートルームをリクエストする権利を使い客室アップグレードをお願いしましたが申請は却下され、予約していた客室へ案内されました。

グランドデラックス 1キングベッド スカイラインビュールーム

セントレジスホテル大阪のベッドルーム

かなが案内されたのは「2510号室・グランドデラックス 1キングベッド スカイラインビュールーム」です。

25階の高層階に位置し50平米ものゆとりあるお部屋です。

それではお部屋を詳しく紹介していきます。

ベッドルーム

セントレジスホテル大阪のベッドルーム2

ベッドに寝転びながら外の景色が見渡せ、キングサイズベッドなので大人2人と子供と一緒に寝ても十分な広さです。(子供は118cmの女子です)

部屋の奥には壁に備え付けられたテレビ(茶色の家具の中に隠れています)とデスクがあります。

セントレジスホテル大阪のサイドテーブル

サイドテーブルの引き出しの中に、コンセントや照明のスイッチが隠れています。

セントレジスホテル大阪のウエルカムスイーツ

テーブルにはボトルウォーターとクッキーがありました。

「過ごしにくい毎日の中、館内でのご滞在を少しでもリラックスして頂ければ幸いでございます」と書かれた直筆のレターには心温まります。

セントレジスホテル大阪のデスク

デスクは広めのサイズで、真ん中部分を開けると鏡があり身支度の時にも使いやすいようになっています。

個包装マスク・ハンドジェルが置いてあります。

セントレジスホテル大阪の文房具セットボックス

重厚なボックスの中はホテル絵葉書・レターセット・鉛筆・クリップ・付箋などの必要最低限の文房具が入ってあります。

ミニバー

セントレジスホテル大阪のミニバー

ベッドルームに黄金色に輝く家具の扉を開けるとミニバーです

上段にネスプレッソマシン・スナック・茶器・グラス類がきれいに収納されています。

ミニバーの中はすべて有料で、コーラ 700円・フレッシュジュース 1,450円…価格はとっても高いです。

  • ボトルウォーター(2本)
  • コーヒー(ネスプレッソ)
  • 紅茶
  • 煎茶

※ ボトルウォーターやコーヒー・紅茶は無料サービス。
足りなくなれば追加注文も無料です。

※マリオットボンヴォイプラチナステータス会員以上の方は各ステータスによりミニバーの無料特典があります。(プラチナステータス会員は3,000円まで無料です)

バス&パウダールーム

セントレジスホテル大阪のパウダールーム

漆黒の人工大理石でゴージャスな雰囲気のパウダールームです。

セントレジスホテル大阪のアメニティ

箱の中にホテルアメニティ一式があります。

  • 歯ブラシ
  • ボディタオル
  • コーム
  • 髭剃りキット
  • 綿棒・コットンキット
  • マウスウォッシュ
  • ボディローション

セントレジスホテル大阪の客室用ドライヤー

高級ホテル御用達ドライヤー「レプロナイザー」です。

セントレジスホテル大阪の体重計

体重計はスケルトンです。

セントレジスホテル大阪のバスルーム

全面ガラス張りのバスルームは洗い場付きで広々としているので、家と同じように入浴できます。

ハンドシャワーと壁に固定されたボディシャワーがあります。

上からテレビの音が聞こえ、湯船に浸かりながらとても快適です。

建設から11年経っていますが、シャワーの水圧に問題はなく水回りの古さやイヤなニオイも感じませんでした。

クローゼット

セントレジスホテル大阪のクローゼット

大人2人で入っても身支度ができるほどの広さのウォークインクローゼットです。

大人用の浴衣が引き出し内にあり、上段にはセキュリティーボックスがあります。

ハンガーがたっぷりあり、バスローブが1着用意されています。(もう1着はパウダールームにあります)

セントレジスホテル大阪のスリッパ

客室スリッパはクローゼットにあり、ふっかふっかのスリッパです。

セントレジスホテル・バトラーサービス

世界中にあるセントレジスホテル共通サービスとして、セントレジスのおもてなしの象徴とも言われる「バトラーサービス」

顧客のあらゆるニーズに対応してくださる言わば「執事」のようなサービスで、セントレジスホテルに宿泊するすべての宿泊客がこのサービスを受けることができます。

客室にある電話機に「バトラー直通ボタン」があり、電話でサービスの依頼ができます。

  • ウエルカムドリンク
  • 荷物の手ほどき
  • 洋服のアイロンがけ・靴みがき
  • 記念日のサプライズ協力

宿泊客が快適に過ごせるようにさまざまなサービスがありますが、コロナ感染症対策の影響で現在はバドラーサービスも顧客からの要望がない限りは行わないようになっています。(宿泊客と三密を避けるため)

今回は叔母への誕生日プレゼントとしてセントレジスホテル大阪を利用したため、予約の段階でその旨を伝えました。

チェックインカウンターで、「お部屋へ入られましたら、ウエルカムドリンクとケーキを一緒にお持ちしますのでお部屋でお寛ぎになってお待ちくださいませ」と、このような協力がとてもありがたく感じました。

お風呂上がりにボトルウォーター2本がなくなったので、バトラーサービスを利用してみました。

セントレジスホテル大阪のバトラーボックス

「直接お客様へ手渡しか、バトラーボックスへのどちらへお持ちしたらよろしいでしょうか?」と聞いてくれたので「バトラーボックスへお願いします」と伝えました。

5分も経たない間にバトラーボックスへボトルウォーターが置かれていました。

バトラーボックスがあることでこちら側もスタッフの方を待つ必要がなく、コロナ禍の中ではこのようなサービスはありがたいサービスだと感じました。

バトラーサービス以外にもおもてなしを感じました!

「旅行はホテルを予約した瞬間から始まっている!」そうかなは思っていますが、セントレジスホテル大阪の予約をして数時間で予約担当の方からメールが届きました。

・3名での宿泊のためエキストラベットは必要か?
・マリオットボンヴォイプラチナステータス会員特典についての案内
・人数に子供が含まれる場合は子供の年齢と性別によりアメニティを用意します

宿泊客の状況を察知したかのようなメール内容で、かな自身はすごく安心しました。

出発3日前には「ご到着に先立ってのご案内」が届き、レストラン営業時間やサービス中止している事柄などを送ってくれこれを見ることで事前に知ることができ便利だと感じました。

この案内の中に、ゴールデンウィーク期間のみテラスブレックファーストが限定で実施していることを知り、すぐさま依頼のメールを送りました。

当日はあいにく朝から雨でしたが、テラスが見える席を準備してくださり細やかなおもてなしを感じました。

ターンダウンサービス

セントレジスホテル大阪では、17:30〜21:00の間の宿泊客が不在時にターンダウンサービスを行ってくれます。

ベッドカバーなど心地よく眠りにつけるように、シーツ類を整えてくれるサービスのこと。

娘が飛び跳ねてぐちゃぐちゃになったベッドシーツがキレイに整えられて、ケーキを食べた食器類も片付いていました。

 

朝食レストラン・「ラ べデュータ」

イタリアの田舎のヴィラを思わせる「ラ ベデュータ」では、オープンキッチンで調理され北イタリア料理を提供しています。

営業日 毎日
営業時間 7:00~10:00, 12:00~15:00, 17:00~22:00
提供メニュー イタリア料理
朝食料金 大人 4,807円 子供 2,404円(税込)
かな
かなはマリオットBonvoyプラチナ会員特典で大人2名と子供2名までは朝食が無料サービスです。

アフタヌーンティーやバーで利用する「セントレジスバー」で朝食をいただきました。

通常はブッフェ形式のようですが、現在はセットメニューでの提供です。

セントレジスホテル大阪のバー

朝食メニュー表

セントレジスホテル大阪の朝食メニュー表

【ウエスタン】と【和朝食】から選びます。

お子様用メニューは1種類です。

ウエスタン

セントレジスホテル大阪の朝食ウエスタン

これらが先に運ばれてきます。

  • トースト&クロワッサン
  • ヨーグルト
  • フルーツ
  • コールドチーズ
  • スモークサーモン
  • グリーンサラダ
  • ミックスサラダ

セントレジスホテル大阪の朝食ウエスタン2

卵料理は6種類から選ぶことができます。

  • クラシックベネディクト(かなはこちらを注文)
  • スクランブル
  • ポーチドエッグ
  • オムレツ
  • 目玉焼き
  • ゆで卵

(ポテト・ベーコン・ソーセージ・トマト・キノコのサイドデイッシュ付き)

和朝食

セントレジスホテル大阪の和朝食

ボリューム満点でだし巻き玉子がとってもおいしかったと叔母が言っていました。

  • 本日の焼き魚
  • だし巻き玉子
  • 豆腐料理
  • 煮物
  • 刺身
  • ご飯
  • 味噌汁
  • 海苔・漬物

セントレジスホテル大阪の和朝食2

メインの御膳の前に、和朝食を選択してもミニブレッドが配膳されます。

  • モーニングベーカリー(抹茶・ほうじ茶)オリーブオイル添え
  • フルーツ

子供用朝食

セントレジスホテル大阪の子供用朝食

子供が好むメニューでボリュームたっぷりです。

  • ヨーグルト
  • ハム&チーズのオムレツ
  • ポテト&ソーセージ
  • パンケーキ(バナナ&チョコレートスプレッド)
  • フルーツ

 

これ以外にも、出来立てサクサクのミニブレッドが5種類ほどあり、各テーブルを回ってくれます。

プラチナ会員特典

マリオット系列ホテルへ年間50泊以上の宿泊数で得られる「マリオットBonvoy プラチナエリート会員」

各ホテルによってプラチナ会員特典は異なり、セントレジスホテル大阪では以下のプラチナエリート会員特典が受けられます。

※ SPGアメックスカード会員は「マリオットBonvoyゴールドエリート会員」のため、以下のサービスは受けることができません。

ウエルカムギフト

1,000ポイントもしくはブラッディ・マリーチケット。

 

最大16:00までの無料レイトチェックアウト(空室状況により)

通常は12:00チェックアウトが最大で16:00まで利用できます。

チェックイン時に16:00まで利用可能の提示がありましたが、翌日は朝食を食べて帰るだけだったので利用はしていません。

スイートを含むより良い部屋へのアップグレード(空室状況により)

今回はアップグレードはありませんでした。

レストランの朝食無料

会員+大人1名・子供2名(4歳から12歳)までが無料で朝食をいただけます。

ミニバー1泊3,000円分利用可能

セントレジスホテル大阪はホテルラウンジがないため、客室内のミニバー3,000分無料になります。(1泊につき)

客室電話にて市内通話料無料

「06」の市内番号では無料で使用できます。

ゴールデンウィーク宿泊料金

セントレジスホテル大阪はマリオットBonvoy「カテゴリー7」ですので、SPGアメックスカード更新無料宿泊特典(50,000ポイント)で、オフピーク期は宿泊ができます。

オフピーク スタンダード ピーク
カテゴリー7 50,000 60,000 70,000

本来ならゴールデンウィークは繁忙期でピーク期にあたるため、1泊70,000ポイントが必要です。

ですが、ゴールデンウィーク期間に1泊50,000ポイントで宿泊できることがわかりすぐに予約をしました。

同じ日に同じ内容で宿泊するならばいったいどのぐらいの価格なのかを調べてみました。

1泊 57,589円(大人2名・子供添い寝)

 

かな
SPGアメックスで貯めたポイントを使ってお得に宿泊できました。

SPGアメックス・マリオットボンヴォイゴールド会員特典

通常年間25泊以上の宿泊数で得られる「マリオットBonvoy ゴールドエリート会員」

一般的に年間25泊もマリオット系ホテルだけに宿泊すること自体が時間にも難しいと思いますが、SPGアメックスカードを所有するだけでゴールド会員になり、マリオット系ホテルでは様々なゴールド会員特典を受けることができます。

(※ 1年が約53週なので、2週間に1回マリオット系ホテルに宿泊しなければ得ることができないゴールド会員資格)

各ホテルによってゴールド会員特典は異なる箇所もありますが、基本的なゴールドエリート会員特典は以下の通りです。

※ SPGアメックスカード会員は「マリオットBonvoyゴールドエリート会員」のため、当ブログで執筆しているプラチナ会員特典サービスは受けることができません。

SPGアメックス更新無料宿泊券が毎年プレゼントされる

年会費34,100円(税込)と決して安くはないSPGアメックスカードの年会費。

ですが、カードを毎年更新するたびに無料宿泊券(50,000P)が付与されます。

大人2名1室でマリオット系列ホテルへ50,000ポイントまでを使って無料で泊まることができます。

かな夫→ハワイリッツカールトン 1泊74,000円(年会費の2倍以上の室料)

かな→HOTEL MITSUI KYOTO 1泊15万円(年会費の4.5倍以上の室料)

かな→JWマリオットホテル奈良 1泊 5.1万円(年会費の1.5倍以上の室料)

JALマイルへの還元率が最大1.25%も!

貯まったポイントを全世界航空会社40社以上へマイレージに交換できるのも唯一無二のクレジットカード。

JAL・ANAの日系航空会社はもちろんのこと、ハワイアン航空・タイ航空・シンガポール航空など世界の大手航空会社のマイルに交換できます。

JALマイルへの還元率が最大1.25%と還元率が高く、JALマイラーには必須クレジットカードです。

SPGアメックスで貯めたポイントはホテル宿泊にも使え、マイルに交換して飛行機代に使うことができます!

無料で客室のアップグレード

チェックイン時に空室があれば、より広い部屋などワンランク上の客室へ無料でアップグレードしてもらえます。(空室状況により)

14時までの無料チェックアウト

チェックイン15時から最大23時間滞在が可能になり、慌ただしい朝の荷物支度もゆっくりとできます。(空室状況により)

マリオット系ホテル宿泊ポイントが多く貯まる

マリオット系ホテルへの宿泊でSPGアメックスカード支払いでより多くのポイントが加算される(通常会員より25%増)

100円で6ポイント加算!

ショッピングなどの決済は100円=3ポイントなので、マリオット系列ホテルでの決済がとてもお得に貯まります。

レストランなど割引価格で利用できる

ホテル直営レストランや売店・ショップなどで15%OFFにて割引が利用できます。

 

年会費は34,100円(税込)と安くはありませんが、マイルとホテルの両方を兼ね合わせたうえに毎年更新無料宿泊(50,000P)までもらえる、旅好きには最強のクレジットカードです。

「年に1回ぐらいは高級なホテルに泊まってみたい…」

そんなあなたの「夢・憧れ」が叶うクレジットカードです。

かな
SPGアメックスカードは公式サイトから入会するより、既存会員からの紹介入会の方が多くポイントがもらえるので希望の方はメッセージください。

宿泊記まとめ

通常より20,000ポイント少ないポイントで宿泊することができました。(70,000→50,000ポイント)

ホテルに一歩入った瞬間からコンシェルジュによるおもてなし、叔母へのバースデーケーキのサービスやバトラーサービスといったサービスを受けるだけでなく、エレベーターを先に準備してくださったり、テラスが見える席に案内いただいたり…と細やかなサービスにまた来たいホテルだと思えました。

目次(クリックで該当箇所へ)
閉じる